FP3級過去問題 2014年1月学科試験 問47

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問47

平成25年分の給与所得の金額の計算において、給与等の収入金額が()を超える場合、給与所得控除額は上限である245万円が適用される。
  1. 1,000万円
  2. 1,200万円
  3. 1,500万円

正解 3

解説

給与所得は、給与等の収入金額から給与所得控除を引いて算出されます。給与所得控除額は、下表のように収入金額に一定割合を乗じて計算されます。しかし平成25年度から上限額が設定され、(平成25年分から平成27年分における)給与所得控除額の計算では、給与等の収入金額が1,500万円超であれば上限額の245万が適用されます。

したがって()には1,500万円が入ります。
※高額給与所得者に対する給与所得控除は段階的に減らされており、平成24年度(上限なし)、平成25~27年度(1,500万円超で245万円)、平成28年度(1,200万円超でで230万円)、平成29年度(1,000万円超で220万円)とそれぞれで異なります。