FP3級過去問題 2013年9月学科試験 問43

問43

PERは、株価を1株当たり()で除して求められ、株価が相対的に割安か割高かを判断する材料に用いられることが多い。
  1. 純資産
  2. 純利益
  3. 配当金

正解 2

解説

株価収益率(PER)は、1株当たりの純利益に対する株価の割合を示す指標で、低い値であるほど割安と評価されます。PERの算出式は以下の通りです。

 株価収益率(倍)=株価÷1株当たりの純利益

PERの算出では分母(割る数)に1株当たりの純利益を用います。したがって[2]が適切です。