FP3級過去問題 2013年5月学科試験 問12

問12

無担保コール翌日物金利は、オープン市場の代表的な金利である。

正解 ×

解説

満期までの期間が1年未満の金融商品を扱う市場を短期金融市場といい、金融機関のみが参加するインターバンク市場と、一般企業も参加できるオープン市場に分かれています。
インターバンク市場で取引が多いのは、借り入れた次の日に返済する短期間の金融取引の無担保コール翌日物というのものです。そしてオープン市場には、債券現先市場、レポ市場、CD(譲渡性預金)市場、CP(コマーシャルペーパー)市場などがあります。

「無担保コール翌日物金利」は、インターバンク市場の代表的な金利なので記述は[誤り]です。