FP3級過去問題 2013年1月学科試験 問40

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問40

地震保険において、建物の基礎や柱などの主要構造部の損害額が時価の()以上50%未満である場合、損害区分は「半損」に該当し、保険金額の()に相当する金額が支払われる。
  1. ① 5%  ② 50%
  2. ① 20%  ② 30%
  3. ① 20%  ② 50%

正解 3

解説

地震保険では、確認した損害の程度をもとに「損害区分」が設定され、実際の修理費ではなく、契約金額の一定割合が定額で支払われます。損害区分は「全損」「半損」「一部損」の3区分です。
大損害(主要構造部の損害額が50%以上)
保険金額の100%相応額の支払い
半損(主要構造部の損害額が20%以上50%未満)
保険金額の50%相応額の支払い
一部損(主要構造部の損害額が20%未満)
保険金額の5%相応額の支払い
「半損」に分類されるのは、主要構造部の損害額が建物の20%以上50%未満の場合で、支払われる保険金は地震保険金額の50%相当額です。したがって[3]が正解です。

※平成29年1月1日以降は法改正により損害区分は4種類になりました。この解説は試験実施時の法令をもとにしているのでご注意ください。