FP3級過去問題 2011年1月学科試験 問59

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問59

下記の親族関係図において、Aさんの相続における遺産に係る基礎控除額は()である。
59.gif/image-size:252×100
  1. 1,500万円
  2. 3,000万円
  3. 8,000万円

正解 3

解説

遺産に係る基礎控除額は以下の式で計算されます。

 5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

算出するためには、まず法定相続人の範囲を決定しなくてはなりません。法定相続人の考え方ですが、死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、「子」→「直系尊属」→「兄弟姉妹」の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

設問のケースでは、まず存命中の配偶者が法定相続人になります。そして第1順位の子がいるので、法定相続人は「妻Bさん」「長男Cさん」「長女Dさん」の3人です。このため遺産に係る基礎控除額は、以下のように計算できます。

 5,000万円+(1,000万円×3)=8,000(万円)

以上より答えは8,000万円です。

税法改正により、平成27年1月1日以降は「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」になりました。