FP3級過去問題 2011年1月学科試験 問5

問5

老齢基礎年金は、原則として、保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が20年ある者が65歳に達したときに、その者に支給される。

正解 ×

問題難易度
45.7%
×54.3%

解説

老齢基礎年金を受給するためには、原則として、保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合わせて10年以上の期間が必要です。受給資格期間を満たす人が65歳に達したときに受給権を取得します。

したがって記述は[誤り]です。