FP3級過去問題 2011年1月学科試験 問5

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問5

老齢基礎年金は、原則として、保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が20年ある者が65歳に達したときに、その者に支給される。

正解 ×

解説

老齢基礎年金を受給するためには、原則として、保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合わせて25年以上の期間が必要です(2011年現在)。

したがって記述は[適切]です。

※平成29年8月1日より、必要な資格期間が25年から10年に短縮されました。この解説は試験実施時の法令をもとにしています。