FP3級過去問題 2009年9月学科試験 問51

問51

不動産鑑定評価基準に規定されている不動産の価格を求める鑑定評価の手法のうち、()とは、その不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の価格を求める手法である。
  1. 収益還元法
  2. 収益分析法
  3. 原価法

正解 1

解説

不動産の鑑定評価の基本的な方法には3つがあります。
原価法
現在、対象の不動産と同じものを造ったらいくらになるかという再調達原価を求め、これに減価修正をして現在の評価額を求める方法
収益還元法
対象の不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の価格を求めることにより収益価格を求める方法
取引事例比較法
対象不動産の近隣・類似地域で、過去に実際に取引された価格と比較して評価額を決定する方法
問題文の「将来生み出すであろうと期待される純収益の…」という記述から収益還元法と判断できます。したがって[1]が正解です。