FP3級過去問題 2009年9月学科試験 問31

問31

年利率4%(固定金利)の住宅ローンを借り入れ、25年間にわたり毎年150万円を返済する計画の人が、返済額から借入元本を算出する場合には、「150万円×〔利率4%、期間25年の()〕」により求めることができる。
  1. 年金終価係数(41.646)
  2. 資本回収係数(0.064)
  3. 年金現価係数(15.622)

正解 3

問題難易度
肢118.2%
肢224.4%
肢357.4%

解説

住宅ローンで毎年定額を返済していくでも、借入元本や返済額の算出に次の2つの係数が使えます。
資本回収係数
借入元本がわかっているとき、毎年の返済額を求める
→金融機関側が借入元本から毎年いくらを受け取れるかというイメージ
年金現価係数
毎年の返済額がわかっているとき、借入元本を求める
→金融機関側が毎年一定額を受け取るためにはいくら貸せばよいのか求めるイメージ
返済額から借入元本を求めたい場合は年金現価係数を使用します。したがって[3]が適切です。

 1,500,000円×15.622=23,433,000円