FP3級過去問題 2009年5月学科試験 問45

問45

一般に、外貨建てMMFは格付の高い公社債や()等を投資対象としており、信託期間は()である。
  1. ① 長期債券  ② 6カ月未満
  2. ① 短期金融商品  ② 1年未満
  3. ① 短期金融商品  ② 無期限

正解 3

問題難易度
肢121.0%
肢240.5%
肢338.5%

解説

外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)とは、証券会社や銀行等で販売されている外国投資信託の1つです。高格付の外貨建ての公社債や短期の金融商品のみで運用され、株式は一切組み込まれていないので、元本の安全性が高い商品と言えます。ただし外貨建てなので為替リスクはあります。預入期間に期限はなく、手数料無料でいつでも解約可能です。
したがって、①短期金融商品、②無期限 となる[3]の組合せが正解です。