FP3級過去問題 2009年5月学科試験 問37

問37

保険料が払い込まれずに失効した生命保険契約について、失効してから一定期間内に所定の手続および保険会社の承諾を得ることにより契約を復活する場合、当該保険料は()の保険料の料率が適用され、失効期間中の保険料については()。
  1. ① 復活時  ② 支払わなくてよい
  2. ① 失効前  ② まとめて支払わなければならない
  3. ① 契約時  ② 支払わなくてよい

正解 2

解説

保険料が払い込まれずに失効した生命保険契約は、保険会社の承諾があり一定期間内であれば、告知または医師の診査を行い、さらに失効していた期間の未払保険料と利息分を払い込めば失効前の契約に戻すことができます。復活後の保険料は失効前と同額になります。

したがって[2]が正解です。

この問題と同一または同等の問題