FP3級過去問題 2009年1月学科試験 問40

問40

生命保険に付加できるリビング・ニーズ特約は、特約の保険料を()、病気やケガの種類にかかわらず、被保険者の余命が()と医師により診断されたときに一定の保険金が生前に支払われるものである。
  1. ① 一括で納付し  ② 3カ月以内
  2. ① 必要とせず  ② 6カ月以内
  3. ① 必要とせず  ② 1年以内

正解 2

問題難易度
肢14.5%
肢289.9%
肢35.6%

解説

リビング・ニーズ特約とは、被保険者が余命6カ月以内と判断された場合に、死亡保険金などの一部または全部を生存中に受け取れる生命保険の特約です。リビング・ニーズ特約は、どの保険会社でも無料で付けられます。なお、受け取れる給付金の上限は3,000万円であり、非課税所得として扱われます。

したがって[2]の組合せが適切です。