FP3級過去問題 2009年1月学科試験 問12

問12

債券には、払込み、利払い、および償還が円で行われる円建て債券や、払込み、利払い、および償還が外貨で行われる外貨建て債券などがあるが、円建て債券は日本の発行体だけしか発行できず、外貨建て債券は外国の発行体だけしか発行できない。

正解 ×

問題難易度
20.2%
×79.8%

解説

円建て債券を外国の発行体が発行することもできますし、外貨建て債券を国内の発行体が発行することもできます。発行体と通貨により4つに区分され、それぞれ以下の名称で呼ばれています。
また日本が契約主体の場合に、払込と利払いが円、償還が外貨である債券をデュアルカレンシー債、逆に払込と利払いが外貨、償還が円である債券をリバースデュアルカレンシー債といいます。

したがって記述は[誤り]です。