FP3級過去問題 2008年9月学科試験 問36

問36

国内で事業を行う生命保険会社が破たんした場合、元受保険契約は、原則として生命保険契約者保護機構による保護の対象となり、高予定利率契約を除き、破たん時点の責任準備金等の()%まで補償される。
  1. 70
  2. 80
  3. 90

正解 3

解説

生命保険契約者保護機構は、保険業法に基づいて平成10年12月1日に設立・事業開始した法人であり、国内で事業を行う全ての生命保険会社が会員として加入しています。万一、生命保険会社が破綻した場合には、破綻保険会社の保険契約の移転等における資金援助、補償対象保険金の支払に係る資金援助等を行います。補償限度は、高予定利率契約を除き、破綻時点における補償対象契約の責任準備金等90%と定められています。

したがって[3]が適切です。

この問題と同一または同等の問題