FP3級過去問題 2008年9月学科試験 問28

問28

公正証書遺言の保管者は、遺言者の相続開始を知った後、遅滞なくその遺言書を家庭裁判所に提出して検認を受けなければならない。

正解 ×

解説

公正証書遺言は、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述し、公証人がそれを筆記して作成される遺言です。作成時には2人以上の証人の立会いが必要で、作成後は公証役場で保管されます。自筆証書遺言および秘密証書遺言では、相続開始時に家庭裁判所で検認を受けなければなりませんが、公正証書遺言については検認手続が不要です。

したがって記述は[誤り]です。

この問題と同一または同等の問題