贈与と税金 (全73問中5問目)

No.5

個人が法人から贈与を受けた財産は、贈与税の課税対象となる。
出典:2019年1月試験 問26

正解 ×

解説

法人から個人へと財産が贈与された場合、受贈者と雇用関係があれば給与所得になり、雇用関係がなければ一時所得として所得税が課されます。

どちらの場合でも贈与税ではなく所得税の課税対象なので、記述は[誤り]です。