FP3級過去問題 2021年9月学科試験 問27

問27

相続人が複数いる場合、各相続人は、被相続人の遺言により相続分や遺産分割方法の指定がされていなければ、法定相続分どおりに相続財産を分割しなければならない。

正解 ×

問題難易度
46.1%
×53.9%

解説

法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。遺産分割協議にて相続人全員で話し合い合意することで、法定相続分に縛られない分割をすることもできます。

したがって記述は[誤り]です。