FP3級 2021年5月 実技(金財:個人)問15

【第5問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。
 Aさん(75歳)は、個人で不動産賃貸業を営んでいる。Aさんの推定相続人は、妻Bさん(70歳)、長女Cさん(45歳)および二女Dさん(40歳)の3人である。
 Aさんは、自身の相続に関して、不動産賃貸業を手伝ってくれている長女Cさんに賃貸ビルを相続させたいと考えているが、長女Cさんに偏った相続が行われると、長女Cさんと二女Dさんとの間で争いが起こるのではないかと心配している。

<Aさんの親族関係図>
e1.gif/image-size:332×133
<Aさんの推定相続人>
妻Bさん :Aさんおよび長女Cさんと同居している。
長女Cさん:会社員。Aさん夫妻と同居している。
二女Dさん:専業主婦。夫と子の3人暮らし。

<Aさんの主な所有財産(相続税評価額)>
現預金
5,000万円
自宅(敷地350㎡)
6,000万円
自宅(建物)
2,000万円
賃貸ビル(敷地500㎡)
1億2,000万円
賃貸ビル(建物)
8,000万円
  • 敷地は、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」適用前の金額
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。