FP3級 2021年1月 実技(金財:保険)問1

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問1

はじめに、Mさんは、Aさんが現時点(2021年1月24日)において死亡した場合に妻Bさんが受給することができる遺族基礎年金の年金額(2020年度価額)を試算した。Mさんが試算した遺族基礎年金の年金額の計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 781,700円+224,900円+75,000円+75,000円=1,156,600円
  2. 781,700円+224,900円+224,900円+75,000円=1,306,500円
  3. 781,700円+224,900円+224,900円+224,900円=1,456,400円

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

遺族基礎年金は、死亡した者によって生計を維持されていた「子」または「子のある配偶者」が受給できるため、妻Bさんは受給することができます。

遺族基礎年金の額(2020年度価額)は以下の式で決定されます。

 781,700円+子の加算
 (子の加算=第1子・第2子 各224,900円、第3子以降 各75,000円)

Bさんには18歳未満の子が3人いますが、2人までは1人につき224,900円、3人目の子は75,000円の加算となります。以上より、Bさんが受給できる遺族基礎年金の金額は、

 781,700円+224,900円+224,900円+75,000円=1,306,500円

したがって[2]が正解です。

この制度において「子」とは次の者に限ります。
  • 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
  • 20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子