FP3級 2021年1月 実技(FP協会:資産設計)問3

問3

下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、空欄(ア)の解答に当たっては、小数点以下第2位を四捨五入するものとする。
03.gif/image-size:560×651
  • この企業の株価が5,500円である場合、2020年12月期の連結業績予想におけるPER(株価収益率)は()倍である。
  • この企業の2020年12月期の連結決算予想では、配当性向(連結)は前期より()している。
  1. (ア)21.3 (イ)上昇
  2. (ア)24.0 (イ)上昇
  3. (ア)24.0 (イ)低下

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

〔(ア)について〕
PER(株価収益率)は「株価÷1株当たり当期純利益」で求めます。
株価は5,500円、1株当たり当期純利益は<資料>の"3.連結業績予想"より通期で229.59円とわかりますから、

 PER(倍)=5,500円÷229.59円=23.95…倍
 (小数点以下第2位を四捨五入)24.0

〔(イ)について〕
配当性向は、ある企業がその期の純利益(税引後当期純利益)の中から、配当金をどのくらい支払っているかの割合を表す指標で「年間配当金÷当期純利益×100」で求めます。
<資料>の"2.配当の状況"を見ると、2020年12月期の(予想)配当性向は50.1%で、前年2019年12月期の47.9%よりも上昇しています。

したがって[2]の組合せが適切です。