FP3級過去問題 2021年1月学科試験 問8

問8

居住用建物および家財を対象とした火災保険では、地震もしくは噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は、補償の対象とならない。

正解 

問題難易度
80.1%
×19.9%

解説

火災保険では、火災、落雷、爆発、風災・ひょう災・雪災、消防活動による水濡れなどが保険金の支払い対象となります。さらに、追加で住宅総合保険に加入すると、物体の衝突、盗難、水災、給排水設備の事故による水漏れなどの補償が受けられます。しかし、地震・噴火またはそれらに基因する津波の損害は、地震保険に加入していなければ補償されません。

したがって記述は[適切]です。