FP3級過去問題 2020年1月学科試験 問24

問24

都市計画法の規定によれば、市街化区域内で行う開発行為は、その規模にかかわらず、都道府県知事等の許可を受けなければならない。

正解 ×

問題難易度
25.1%
×74.9%

解説

開発行為とは「主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行なう土地の区画形質の変更」です。平たく言えば、建物や特定工作物をつくるために土地の区画を変更したり、土地の形状を変更したり、土地の質を変更することです。

都市計画法では、一定の開発行為を行う場合には原則として都道府県知事等の許可を受けなければならないとしています。ただし、次に挙げる一定規模以下の開発行為については例外的に許可不要となります。
  • 市街化区域 … 1,000㎡未満
  • 市街化調整区域 … 規模にかかわらず必要
  • 非線引き区域 … 3,000㎡未満
  • 都市計画区域外 … 10,000㎡未満
市街化区域内において行う開発行為で都道府県知事等の許可を受けなければならないのは1,000㎡以上の場合であり、1,000㎡未満であれば開発許可を要しません。記述は「規模にかかわらず必要」としているので[誤り]です。

この問題と同一または同等の問題