FP3級過去問題 2020年1月学科試験 問1

問1

ファイナンシャル・プランナーは、顧客の依頼を受けたとしても、公正証書遺言の作成時に証人となることはできない。

正解 ×

解説

公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記して作成する遺言です。公正証書遺言の証人には特別な資格を有する必要はないので、以下の欠格事由に該当していなければ有償無償を問わず上記の証人になることができます
  • 未成年者
  • 推定相続人や受遺者及びその配偶者・直系血族
  • 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人
FPは顧客から依頼を受け公正証書遺言の証人となることができます。したがって記述は[誤り]です。