FP3級 2018年9月 実技(FP協会:資産設計)問9

問9

池谷史郎さんが2017年中に支払った生命保険の保険料が下記<資料>のとおりである場合、史郎さんの2017年分の所得税における生命保険料控除の金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の保険について、これまでに契約内容の変更は行われていないものとする。

<資料>
[終身保険(無配当)]
保険契約者:池谷史郎
被保険者:池谷史郎
死亡保険金受取人:池谷綾子(妻)
契約日:2016年8月1日
2017年の年間支払保険料:75,000円
<所得税の生命保険料控除額の速算表>
09.gif/image-size:534×263
  1. 38,750円
  2. 40,000円
  3. 43,750円

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

2016年8月1日に契約をしているので、下の段の資料[2012年1月1日以降に締結した保険契約(新契約)等に係る控除額]を見ます。

年間の支払い保険料は75,000円ですので「40,000超80,000円以下」の区分の算式を使います。

 75,000円×1/4+20,000円
=18,750円+20,000円=38,750

したがって[1]が正解です。