FP3級過去問題 2018年9月学科試験 問59

問59

下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における相続税額の計算上、遺産に係る基礎控除額は()である。なお、二男は相続の放棄をするものとする。
59.gif/image-size:222×129
  1. 4,800万円
  2. 5,400万円
  3. 8,000万円

正解 2

解説

産に係る基礎控除額は以下の式で計算します。

 遺産に係る基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

この式の法定相続人に含まれる相続人の範囲は、民法で次のとおり定められています。
配偶者
健在ならば常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。
第1順位
死亡した人の子供
第2順位
死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
第3順位
死亡した人の兄弟姉妹
法定相続分や遺留分の計算においては、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされますが、相続税の計算上は、放棄をした人もその放棄がなかったものとして法定相続人の数に含めます

つまり、設問のケースでは二男が相続を放棄していますが、遺産に係る基礎控除額を求める際の法定相続人の数は、二男を加えた4名として計算します。

 3,000万円×600万円×4=5,400万円

したがって[2]が適切です。