FP3級過去問題 2018年9月学科試験 問46

問46

個人が平成30年中に内国法人X社(上場会社)から株式の配当金(当該個人は発行済株式総数の3%以上を有する大口株主ではない)を受け、その配当の金額に対して所得税および復興特別所得税・住民税が源泉(特別)徴収される場合の税率は、合計()である。
  1. 10.147%
  2. 20.315%
  3. 20.42%

正解 2

解説

平成26年1月1日以後に支払を受けるべき上場株式等の配当等については、20.315%(所得税20%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)の税率により源泉徴収が行われます。

したがって[2]が正解です。