FP3級過去問題 2018年9月学科試験 問2

問2

全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者に支給される傷病手当金の額は、1日につき、原則として、支給開始日の属する月以前12カ月間の各月の標準報酬月額の平均額を30で除した金額に、4分の3を乗じた額である。

正解 ×

解説

健康保険(国民健康保険以外)の傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者(会社員)が病気やケガの療養のために会社を休み、給与が支給されなかった場合に給付されます。傷病手当金の支給対象日は、仕事を連続して3日間休んだ後の4日目(支給開始日)から起算して最長16カ月間です。
また、支給額は、以下の式で算出される"1日当たりの金額"に対象日数を乗じて決定されます。
傷病手当金の1日当たりの支給額は、標準報酬日額の3分の2です。したがって記述は[誤り]です。

この問題と同一または同等の問題