FP3級 2018年1月 実技(金財:個人)問15

【第2問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。
 会社員のAさん(50歳)は、余裕資金を利用して、かねてから興味を持っていた上場企業であるX社の株式(以下、「X社株式」という)およびY社の社債(以下、「Y社債」という)を運用対象として検討している。そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
 Aさんが購入を検討しているX社株式およびY社債に関する資料は、以下のとおりである。

〈X社株式に関する資料〉
業種
自動車部品製造業
特徴
業界内では大手の事業規模であり、輸出中心の企業である。
株価
500円
当期純利益
200億円
純資産(自己資本)
2,000億円
発行済株式数
4億株(すべて普通株式)
前記の配当金の額(年額)
20円(1株当たり)

〈Y社債に関する資料〉
業種
不動産業
購入価格
102円(額面100円当たり)
表面利率
0.6%
残存期間
4年
償還価格
100円
格付
A
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。