FP3級過去問題 2018年1月学科試験 問21

問21

宅地建物取引士が宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明をするときは、説明の相手方に対し、宅地建物取引士証を提示しなければならない。

正解 

解説

宅地建物取引業法では、宅地建物取引士は、取引関係者からの請求があったとき(第22条の4)、または不動産取引の重要事項説明を行う際(第35条4項)には宅地建物取引士証を提示しなければならないと定めています。

したがって記述は[適切]です。