FP3級 2017年5月 実技(金財:個人)問15

【第4問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。
 会社員のAさん(45歳)は、父親から相続により取得したマンション(以下、「物件X」という)で妻Bさん(43歳)と2人で暮らしていたが、手狭になってきたため、仲介業者を通して物件Xを第三者のCさんに売却したうえで、近くの戸建住宅(以下、「物件Y」という)に住み替える予定である。Aさんは、物件Xを売却して得た資金を物件Yの購入に充てたいと考えている。
 物件Xおよび物件Yに関する資料は、以下のとおりである。

〈物件Xおよび物件Yに関する資料〉
d1.gif/image-size:492×220
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。