FP3級過去問題 2017年5月学科試験 問28

問28

相続税の計算において、相続人が受け取った退職手当金等の非課税限度額を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。

正解 

解説

相続人が受け取った死亡退職金や生命保険金は、それぞれについて以下の式で求められる金額が非課税限度額となります。

 非課税限度額=500万円×法定相続人の数

法定相続分や遺留分の計算においては、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされますが、相続税の計算上は、放棄をした人もその放棄がなかったものとして法定相続人の数に含めます。また同じく相続税の計算上、法定相続人に加えられる養子の数は、被相続人に実子がいれば1名まで、そうでなければ2名までに制限されています。

相続税の基礎控除額、相続税額の計算、および死亡退職金と死亡保険金の非課税限度額等を計算する際の法定相続人数は、放棄をした者を含めた相続人の数とします。

したがって記述は[適切]です。



この問題と同一または同等の問題