FP3級 2017年1月 実技(FP協会:資産設計)問7

問7

建物の登記記録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
07.gif/image-size:228×66
  1. 当該建物を新築し、最初に取得した者がする所有権保存登記は、(ア)に記録される。
  2. 当該建物が売買により取得された場合、買主がする所有権移転登記は、(イ)に記録される。
  3. 当該建物を建築する際に、金融機関より融資を受け、当該建物を担保として抵当権が設定される場合、抵当権設定登記は、(ウ)に記録される。

正解 1

分野

科目:E.不動産
細目:1.不動産の見方

解説

不動産登記記録は「表題部」と「権利部」で構成されています。
表題部
土地や建物の物理的状態を表示する部分。
土地には「所在」「地番」「地目」「地積」などが、建物には「所在」「家屋番号」「種類」「構造」「床面積」などが記載されています。
表題部の登記は義務です。
権利部
土地と建物の権利に関する状況が記載される部分。
甲区と乙区に分かれていて、甲区には「所有権」に関する登記事項が、乙区には「所有権以外の権利(抵当権・地上権など)」に関する登記事項が記載されています。
  1. [不適切]。所有権は、(イ)権利部甲区に記載されます。
  2. 適切。所有権は、(イ)権利部甲区に記載されます。
  3. 適切。抵当権は、(ウ)権利部乙区に記載されます。
したがって不適切な記述は[1]です。