FP3級過去問題 2017年1月学科試験 問51

問51

不動産の登記記録において、抵当権に関する登記事項は、()に記録される。
  1. 表題部
  2. 権利部(甲区)
  3. 権利部(乙区)

正解 3

問題難易度
肢13.4%
肢213.5%
肢383.1%

解説

不動産登記簿は、土地や建物の物理的情報(所在・面積など)のほか、所有者の住所・氏名などが記録された公の帳簿です。土地と建物の権利関係を誰でもわかるようにし、取引の安全と円滑を図るために一般に公開されています。

登記記録は、1筆の土地・1個の建物ごとに、土地や建物の物理的情報を記録する「表題部」と、権利に関する情報を記録する「権利部」に区分して作成されています。さらに権利部は「甲区」と「乙区」に区分され、甲区には所有権に関する事項が、乙区には所有権以外の権利に関する事項がそれぞれ記録されています。
抵当権は"所有権以外の権利"なので、権利部(乙区)に記録されます。したがって[3]が正解です。