FP3級過去問題 2017年1月学科試験 問7

問7

生命保険の継続した保険料の払込みには一定の猶予期間があり、月払いの場合には保険料払込期月の翌月初日から翌々月末日までとなっている。

正解 ×

解説

生命保険契約には、もし保険料の払込みが遅れた場合でもすぐに失効してしまわないように、一定の払込猶予期間が設けられています。払込猶予期間は、月払いの場合で払込期月の翌月1日から翌月末日、半年/年払いの場合で、払込期月の翌月1日から翌々月の契約応当日となっています。
上図のように月払いの場合の払込猶予期間は、払込期月の翌月1日から同末日までです。したがって記述は[誤り]です。