FP3級過去問題 2016年9月学科試験 問14

問14

短期利付債と長期利付債を比較した場合、他の条件が同じであれば、一般に長期利付債のほうが金利変動に伴う債券価格の変動が大きい。

正解 

解説

債券価格は金利とは逆の動きします。金利が上昇すると債券価格は下落し、金利が低下すると債券価格は上昇します。一般に長期利付債(残存期間の長い債券)のほうが期間が長い分、不確実性が高くなり金利変動に伴う債券価格の変動幅が大きくなります。
したがって記述は[適切]です。