FP3級過去問題 2016年5月学科試験 問39

問39

食品の製造販売を営む企業が、販売した食品が原因で顧客が食中毒を起こし、法律上の損害賠償を請求されることにより被る損害に備える場合には、()への加入が適している。
  1. 施設所有(管理)者賠償責任保険
  2. 生産物賠償責任保険(PL保険)
  3. 受託者賠償責任保険

正解 2

解説

事業を営む上で生じるリスクに備える保険には「受託者賠償責任保険」「施設所有(管理)者賠償責任保険」「生産物賠償責任保険」などがあります。(※他にも多数ありますがFP3級で出題歴があるのは上記3つのみです。)
生産物賠償責任保険(PL保険)
製造・販売した物や仕事の結果に起因する事故が発生した場合に、その損害賠償を補償する保険
例)販売した食品が原因の顧客の食中毒、取り付けた造作物がはずれたことによる第三者のケガ
受託者賠償責任保険
他人から預かったものを破損したり、紛失してしまった場合に、持ち主への損害賠償を補償する保険
例)顧客から預かった衣類や荷物の紛失や盗難
施設所有(管理)者賠償責任保険
保有・管理している施設内で、施設自体の構造上の欠陥、維持管理の不備、業務活動に起因する事故が発生した場合に、その損害賠償を補償する保険
例)遊園地の来園者が遊具から転落したことによるケガ、従業員が不注意により来客に負わせたケガ
調理・販売した食品は生産物に当たります。生産物が原因で生じた事故の損害賠償責任をカバーする保険は「生産物賠償責任保険」なので[2]が正解です。

この問題と同一または同等の問題