FP3級 2016年1月 実技(金財:保険)問15

【第3問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。
 株式会社X社(以下、「X社」という)の二代目社長であるAさん(40歳)は、現在、Y生命保険会社から退職金準備や事業保障資金の確保等を目的とした2つの生命保険契約の提案を受けている。

<資料>Y生命保険会社から提案を受けた生命保険の契約内容
①長期平準定期保険(特約付加なし)
契約形態
契約者(=保険料負担者)・死亡保険金受取人=X社
被保険者=Aさん
保険期間・保険料払込期間
99歳満了
死亡保険金額
1億円
年払保険料
210万円
70歳時の解約返戻金額
5,700万円
②無配当定期保険(特約付加なし)
契約形態
契約者(=保険料負担者)・死亡保険金受取人=X社
被保険者=Aさん
保険期間・保険料払込期間
10年(自動更新タイプ)
死亡保険金額
1億円
年払保険料
29万円
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。