FP3級 2015年5月 実技(金財:保険)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

Aさんの相続に係る諸手続に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. Aさんの相続人がAさんの相続について「相続の放棄」または「限定承認」をする場合は、原則として、自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に、その旨を()に申述しなければならない。
  2. Aさんの相続人は、原則として、相続の開始があったことを知った日の翌日から()以内に、2021年1月1日から死亡した日までのAさんの所得金額に係る所得税の確定申告書を提出しなければならない。
  3. Aさんの相続に係る相続税の申告書の提出義務がある者は、原則として、相続の開始があったことを知った日の翌日から()以内に、相続税の申告書を提出しなければならない。
  1. ① 家庭裁判所 ② 4カ月 ③ 10カ月
  2. ① 所轄税務署長 ② 6カ月 ③ 10カ月
  3. ① 家庭裁判所 ② 6カ月 ③ 12カ月

正解 1

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

〔①について〕
「相続放棄」または「限定承認」をする場合は、相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に、その旨を(①家庭裁判所)に申述しなければなりません。単純承認の場合にはその必要はありません。

〔②について〕
確定申告を要する人が年の中途で死亡した場合は、本人(被相続人)に代わり相続人が、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税をしなければなりません。これを準確定申告といいます。
Aさんには2021年中に生じた不動産所得200万円があるため、Aさんの相続人は相続の開始があったことを知った日の翌日から(②4カ月)以内に、Aさんの所得についての確定申告をしなければなりません。

〔③について〕
相続税の申告書は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内に、被相続人(死んだ人)の死亡時の住所地を所轄する税務署長に提出することになっています。

以上より、①家庭裁判所、②4カ月、③10カ月 となる[1]の組合せが適切です。