FP3級 2015年10月 実技(金財:保険顧客)問15

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問15

Aさんに係る相続税における課税価格の合計額は、次のうちどれか。
  1. 8,000万円
  2. 9,000万円
  3. 1億500万円

正解 1

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

相続税の課税価格の合計額は、設例で示された全ての財産を足していけば求められます。ただし、足す際には、それぞれの非課税金額を控除しなければなりません。

今回の設例の中では次の2つが非課税金額を控除すべきものです。
  • 死亡退職金 5,000万円
  • 死亡保険金 2,000万円
相続人が受け取った死亡退職金や生命保険金は、それぞれについて以下の式で求められる金額が非課税限度額となります。

 非課税限度額=500万円×法定相続人の数

今回の法定相続人は、配偶者と子3名の合計4名ですから「500万円×4人=2,000万円」を、それぞれの金額から控除できます。
  • 死亡退職金 5,000万円-2,000万円=3,000万円
  • 死亡保険金 2,000万円-2,000万円=0円
最後に、設例で示されている全ての財産を足し合わせて相続税の課税価格の合計額を求めます。

 3,000万円+1,000万円+1,000万円+3,000万円0円8,000万円

以上より[1]が正解です。