FP3級過去問題 2015年10月学科試験 問53

問53

建築基準法の規定によれば、建築物の建築面積の敷地面積に対する割合を()という。
  1. 天空率
  2. 容積率
  3. 建ぺい率

正解 3

解説

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合であり、建築基準法によって用途地域ごとの値が規定されています。
したがって[3]が適切です。
  1. 天空率は、 ある地点から魚眼レンズで見上げた時の天空の占める割合です。
  2. 容積率は、敷地面積に対する延べ床面積の割合です。
  3. 正しい。