FP3級過去問題 2015年10月学科試験 問10

問10

自動車を運行中にハンドル操作を誤ってガードレールに衝突し、運転者がケガを負った場合、自動車損害賠償責任保険による補償の対象となる。

正解 ×

解説

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、自動車損害賠償保障法(自賠法)の定めにより、自動車および原動機付自転車を保有するすべての人に対して加入が義務づけられている損害保険です。補償対象は自動車の運行に伴う対人賠償だけであり、対物賠償は対象外です。

自賠責保険は対人賠償、すなわち「他人に対する賠償責任」を補償するものなので、被保険者である運転者のケガは補償の対象外になります。したがって記述は[誤り]です。