FP3級 2015年1月 実技(金財:保険)問15

【第5問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。
 Aさん(70歳)は、妻Bさん(66歳)、子Cさん(39歳)およびDさん(36歳)との4人家族である。Aさんは、最近体調が優れず、自身の相続について気になっている。
 Aさんは、2015年1月1日以後の相続から、相続税額の計算において改正された事項があることを聞き、その具体的な内容について知りたいと思っている。また、Aさんは、CさんとDさんをそれぞれ死亡保険金受取人とする終身保険に加入しており、自身の相続が発生した際の死亡保険金の課税関係について教えてほしいと思っている。
 Aさんの親族関係図およびAさんが現在加入している生命保険の契約内容は、以下のとおりである。なお、Dさんは、Aさんの普通養子である。

<Aさんの親族関係図>
e1.gif/image-size:202×84
<Aさんが現在加入している生命保険の契約内容>
  1. 終身保険
    契約者(=保険料負担者)・被保険者
    Aさん
    死亡保険金受取人
    Cさん
    死亡保険金額
    6,000万円
  2. 終身保険
    契約者(=保険料負担者)・被保険者
    Aさん
    死亡保険金受取人
    Dさん
    死亡保険金額
    4,000万円
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。