FP3級過去問題 2014年9月学科試験 問7

問7

ファイナンシャル・プランナーのAさんは、一時払終身保険への加入を検討している顧客に対し、「一時払終身保険を早期に解約した場合、解約返戻金額が一時払保険料相当額を下回ることがあります」と説明した。

正解 

問題難易度
88.8%
×11.2%

解説

一時払終身保険は、契約時に一括で保険料を払込むことで、一生涯の保障を確保できる保険商品です。この商品における解約返戻金額は、契約当初は一時払保険料より低く、保険期間の経過に従って増加していき、やがて一時払保険料を超えるというように推移します。したがって、早期解約の場合は、解約返戻金額が払込保険料を下回ることがあります。
したがってAさんの説明は[適切]です。

この問題と同一または同等の問題