FP3級過去問題 2014年9月学科試験 問7

問7

ファイナンシャル・プランナーのAさんは、一時払終身保険への加入を検討している顧客に対し、「一時払終身保険を早期に解約した場合、解約返戻金額が一時払保険料相当額を下回ることがあります」と説明した。

正解 

解説

契約者は加入している保険契約をいつでも解約することができますが、解約返戻金(かいやくへんれいきん)とは保険契約を途中で解約した場合などに、保険会社から契約者に払い戻されるお金のことです。
解約返戻金は保険種類や加入期間などに応じて決定されますが、解約返戻金の最低額は保証されていないので払込保険料より少なくなることもあります。

したがってAさんの説明は[適切]です。