FP3級過去問題 2014年5月学科試験 問24

問24

都市計画税は、都市計画区域のうち、原則として、市街化区域内に所在する土地・家屋の所有者に対して課される。

正解 

解説

都市計画税は、都市計画事業や土地区画整理事業の費用に充てるために、原則として市街化区域内の土地・家屋の所有者(1月1日現在において固定資産課税に台帳に登録されている者)に対して市町村が課税します。

都市計画税の課税対象となる土地および家屋の所在する区域は市街区域内に限られます。したがって記述は[適切]です。