FP3級過去問題 2014年5月学科試験 問9

問9

損害保険において、保険会社が損害に対して支払う保険金の限度額を、保険価額という。

正解 ×

解説

損害保険の保険価額とは、保険対象の評価額を示し、保険事故発生時の損害の最高見積額のことをいいます。また保険会社が支払う保険金の限度額は保険金額といいます。

したがって記述は[誤り]です。

保険価額を適切に評価していないと、保険価額(評価額)が保険金額より大きい保険(一部保険)や、保険金額より小さい保険(超過保険)となり、十分な補償が得られなかったり、保険料の払い過ぎになってしまいます。