FP3級過去問題 2014年1月学科試験 問16

問16

税金は国税と地方税に区分できるが、所得税は国税であり、法人税は地方税である。

正解 ×

解説

税は、国に納める国税と、都道府県や市町村に納める地方税に分類できます。

下表のように所得税と法人税はどちらも国税です。したがって記述は[誤り]です。