FP3級過去問題 2013年1月学科試験 問44

問44

円貨を米ドルに換えて、米ドル建て外貨預金に10,000ドル預け入れる場合、下記の〈為替レート〉によるとすれば、預入時に必要な円貨の額は()である。
44.gif/image-size:190×61
  1. 790,000円
  2. 780,000円
  3. 770,000円

正解 1

解説

預金者が、銀行等の金融機関で外貨と円と交換する際に適用されるレートにはTTS及びTTBがあります。TTSとTTBは、TTM(仲値)に金融機関の為替手数料を足して設定されます。
TTS(Telegraphic Transfer Selling)
預金者が円を外貨に交換する際のレート。銀行側から見れば外貨を売る(Sell)相場。
TTB(Telegraphic Transfer Buying)
預金者が外貨を円に交換する際のレート。銀行側から見れば外貨を買う(Buy)相場。
設問のケースでは、預金者の円を米ドルに換えるため適用される為替レートはTTS(79円/1米ドル)です。必要な円貨の額は、

 79×10,000=790,000(円)

したがって[1]が適切です。