FP3級過去問題 2012年9月学科試験 問2

問2

住宅ローン(全期間固定金利型)の一部繰上げ返済は、一般に、その実行時期が早いほど、元利金総返済額を減少させる効果が大きい。

正解 

解説

住宅ローンの一部繰り上げ返済は、早く実行するほど利息の軽減効果は高くなります。これは繰上げ返済額のうち、将来の支払い利息部分に充当される額が大きくなるためです。一般的には借入開始後10年以内に行うのが良いとされています。

したがって記述は[適切]です。