FP3級過去問題 2011年9月学科試験 問16

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問16

給与所得者が通常の給与に加算して受ける通勤手当のうち、通常必要であると認められる部分の金額(電車・バス通勤者の場合は月額10万円が限度)は、非課税所得に該当する。

正解 

解説

通勤手当は給与を支給される労働者に対し、通勤にかかる費用を会社から支給される手当のことです。

電車・バス通勤者の場合、月額10万円までを限度に所得税が非課税となります。10万円を超えると所得税が課税されることになります。

したがって記述は[適切]です。


※平成28年度の税制改正によりこの非課税限度額は、月額15万円まで引き上げられました。この解説文は、試験実施時の法令をもとに説明しています。