FP3級過去問題 2011年9月学科試験 問8

問8

生命保険募集人は、保険契約者等に対して、保険契約の配当金の支払いなど将来における金額が不確実なものについて断定的な判断を示したり、確実であると誤解させるおそれのあることを告げたりしてはならない。

正解 

解説

保険業法では、保険契約者、もしくは被保険者又は不特定の者に対して、将来における金額が不確実な事項について、断定的判断を示し、または確実であると誤解させるおそれのあることを告げたり表示したりする行為を禁止しています(第300条第1項第7号)。

保険募集人は、保険契約者に対して、将来の未確定のことをあたかも事実になると断定してはなりません。したがって記述は[適切]です。

この問題と同一または同等の問題