FP3級過去問題 2011年1月学科試験 問17

問17

給与所得の金額は、原則として、その年中の給与等の収入金額から給与所得控除額を控除した額である。

正解 

問題難易度
84.3%
×15.7%

解説

給与所得とは、勤務先から受ける給料、賞与などの所得をいいます。

給与所得の金額は「給与収入金額-給与所得控除額」の計算式で算出します。「給与所得控除額」は給与所得者には所得を得るために支出した経費額の代わりのようなもので、控除額は収入金額が多くなるなど多くなるようになっています(上限195万円)。なお、試験では速算表が与えられるので下表の数字を覚える必要はありません。
したがって記述は[適切]です。